【坐骨神経痛の恐さ】

あなたは、このような症状でお困りではないですか?

 

お尻の奥のほうがズーンと痛い

お尻から足にかけて痛みとシビレがある

20m歩くとお尻と足が重だるくなってくる

座っていると辛いのでデスクワークができない

スーパーで買い物をするのにカートを押さないと歩けない

 

今日は坐骨神経痛についてお話ししていきます。

 

坐骨神経痛は放っておくと恐い病気なので要注意です。

 

坐骨神経というのは、損傷すると歩行障害や排尿障害、排便障害を招く場合もあります。

 

坐骨神経痛は、「激しい痛みがある」「動いていると痛みが強くなる」

「歩いていると痛みやシビレが強くなって歩けなくなる」など、症状は人によって様々です。

 

 

中には温度感覚がわからないといった知覚障害を伴うものもあります。

 

 

【坐骨神経痛が進行していくとどうなる?】

 

坐骨神経痛が進行していくと長時間立っていることが辛くなったり

段差でのつまずきやすくなったりすることがあります。

 

 

また、歩いていると症状が強くなるため休み休みでないと

歩けない【間欠性跛行】といった特徴的な症状が出現したりします。

 

そのまま放っておくと最悪の場合、足がマヒして寝たきりになることも考えられます。

 

 

そのほかにも先ほど言ったように坐骨神経を損傷した場合

排尿・排便障害が起きる場合もあります。

 

 

ここまでの症状が出現した場合は整骨院や整体院では対応できません。

こういった場合は迷うことなく病院へ駆け込む必要があります。

もしそういった症状が出現している状態なら今すぐ病院で診察してもらうようにしましょう。

 

 

坐骨神経痛が主症状として現れやすい疾患には、【ヘルニア】【脊柱管狭窄症】があります。

ヘルニアは20歳代〜40歳代といった比較的若い世代で多い疾患です。

 

ヘルニアは背骨を構成する骨と骨の間のクッションの役割をしている椎間板に負担がかかり椎間板の中の髄核と呼ばれるものが飛び出して神経を圧迫してしまう病気になります。

 

 

脊柱管狭窄症は、加齢とともに患者数が増えていく傾向にあります。

 

 

つまり、加齢による背骨の変形で神経の通り道であるトンネルが狭くなり神経を圧迫することで神経症状が出てしまう病気になります。

 

 

 

これらヘルニアや脊柱管狭窄症は手術をしなくても改善する例が多くあります。

 

 

【あなたはその坐骨神経痛を放っておきますか?】

 

・「この辛さをなんとかしたい。」

・「自分でも運動を頑張るのでぜひ改善させたい。」

・「少しでもよくなりたい」

 

 

そんな思いがありましたら是非ご相談ください。

あなたの力になれるかと思います。

 

 

ホームページもご覧ください

↓↓

ホームページはこちらをクリック

 

「慢性腰痛専門」米子三柳整骨院院長:宮永 一郎

米子三柳整骨院 院長

-宮永一郎-

TEL 0859-57-7534